テスト(ゴミ)データ作成方法

NASへのファイル転送速度計測ファイル偽装などの用途で使える、テスト(ゴミ)データ作成コマンドの紹介。

fsutilコマンド

構文

fsutil file createnew ファイル名 サイズ(バイト)

下記は「aiueo」という1MBのテストデータを作成する流れ。
ファイルを作成しようとしている場所に同名のファイルがあるとエラーになる。

  1. コマンドプロンプトまたはPowerShellを起動
  2. ゴミデータを作成したい場所に、カレントディレクトリを変更
  3. 下記コマンドを入力
  4. fsutil file createnew aiueo 1048576
  5. ファイル「aiueo」生成

拡張子は付いていない。
中身を確認すると「NULL」で埋まっていることが分かる。
バイナリで見た場合は全て「00」。

ファイルサイズ表

正確なサイズが必要な場合は、下記サイズ値の倍率を上げること。
また、1024倍することでKB→MB→GB→TB…と単位が変わる。

ファイルサイズバイト(byte)数
1KB1024
1MB1048576
(1024×1024)
1GB1073741824
(1024×1024×1024)