コインタイマー

先日、コインタイマーを手に入れました。
「タイムトロン」というブランドで「CT-14」という型番の、未使用品のモノがヤフオクに出品されていたので落札しました。

コインタイマーとは、お金を入れることで決められた時間だけ電化製品を動かす機械です。
制限時間を迎えると通電が遮断されて電化製品が止まります。

昔、旅館のTVや銭湯のドライヤー等に付いてたりしてた記憶があります。
コインランドリーの洗濯機や銭湯のマッサージチェアなど、今でもコインタイマーが内蔵されている機械は存在しています。
(ビジホの有料チャンネルを観る時に使うのは「カードタイマー」)

家でコインタイマーを使うケースというと…
子供に対してTV・ゲーム機の使用時間に制限をかける、とかでしょうか。

私はPC前によくいるので、PCに何か制限をかけようと思いました。
自制が効かないという訳ではなく、ガジェットというか、オモチャみたいなモノです。
モニター2枚の電源をコインタイマーで制御します。

コインタイマーを分解するとこんな作りになっています。
右上が外箱、右下がお金が溜まっていく箱、左が基板やプラグの付いた内箱。
基板上に【開始金額】と【時間仕様】の設定を行うディップスイッチが2つあるので、イジって100円で60分動くように変更。

内箱の左の方に一口だけコンセントがあります。
ここに、通電を制御したいプラグを差します。
電源タップのプラグをコインタイマーのコンセントへ差し、電源タップにモニター2枚のプラグを差しました。

元々モニターのプラグが差さっていた常時給電しているコンセントに、コインタイマー自身のプラグを差して完成。
早速100円を投入。

オンラインゲーム中、設定通り1時間動いた後にモニターの電源がブチられてパニックに陥りました。
手持ちの100円を全て投入。

終了時のランプ点滅とかアラームとかの機能が無い。
いくら投入したのか(残り時間)が分からない。
次は、この2点を解消するコインタイマーを手に入れようと思います。