OK Desu Ka?

PSPエミュレータ「PPSSPP」

一番人気で使いやすく今でも更新が続けられているPSPエミュ「PPSSPP」の設定について記す。

説明環境はWindows11。Windows10でも同様に動く。
ロムは別途用意すること。

導入

エミュ本体のダウンロード

公式ダウンロードページ

最新バージョンは1.12.3(2021年12月現在)。
Windows版やMac版などあるので、自分のOSに合ったバージョンをダウンロードする。

zip(ポータブル)版・installer版どちらかお好みの方をダウンロードする。
zip(ポータブル)版の場合は"ppsspp_win.zip"を解凍し、好きな場所へ配置する。
installer版の場合は"PPSSPPSetup.exe"を実行し、インストールする。

日本語化

多言語に対応している。
日本語化の作業を考慮する必要は無い。
仮に日本語表示ではなかった場合は、システムの欄を参照。

PPSSPP Goldとは

有料版のPPSSPP。
機能の差異は無い。
Gold版を購入することで、PPSSPP作者へ感謝の気持ちを示せる。
金ピカアイコンのPPSSPPが利用出来るようになる。
気分が良い。

設定

遊ぶ前に環境を整えよう。
画面右の「ゲームの設定」を選択することで詳細設定が行える。
書いていない項目は、基本的に初期設定のまま変更しなくて良い。

はじめに

メニューバー「ゲームの設定」→「ウィンドウサイズ」をお好みの値に変更する。
ウィンドウサイズの設定は何故かメニューバーにしか無い。

グラフィックス

  • フレームレートのコントロール
    • フレームスキップ – オフ
    • オートフレームスキップ – オフ
      ゲームが重い・カクつく場合はチェックする。
      フレームスキップが「オフ」の場合は自動で「1」が設定される。
  • パフォーマンス
    • レンダリング解像度 – 自動(1:1)で良い。
      値を増やすとグラフィックの解像度を上げることが出来るが、自動にしておけば最適な値に変えてくれる。
      上げすぎても変な表示になるので要調整。
      「1×PSP」はPSP実機の解像度(480×272ピクセル)。
      「3×PSP」でHD・ハイビジョン(1280×720ピクセル)。
      「4×PSP」でフルHD・フルハイビジョン(1920×1080ピクセル)。
    • VSync – オフ
    • フレームを複製して60Hzでレンダリングする – チェック
      30fpsで動くモンハンP2Gなどのゲームをヌルヌル動く60fps表示に作り変えてくれる機能。
      「オートフレームスキップ」にチェックを入れている場合、グレーアウトしてしまい変更出来ない。

オーディオ

  • オーディオ
    • オーディオを有効にする – チェック
    • グローバルボリューム – 「10」にする。
      「オーディオを有効にする」にチェックが付いていても、ここの値が「ミュート」だと音が出ない。

コントロール

  • コントロール
    • キーを設定する – ボタンのコンフィグ設定。
      キーボード・ゲームパッドで遊べるように設定されているが、下記手順の通りに設定し直そう。
      1. 「全てクリアする」を選択
      2. 「PSP画像を表示」を選択
      3. 「Bind All」を選択
      4. 「Map key 新しいキーを入力 ○○」と表示される。
        表示に従って割り当てたいキーを入力し、全ボタンを設定する。
        「キャンセル」を選択するとキー割り当てが途中で終了する。
        PSP画像のボタン部分をクリックするとキーの割り当てが行える。
        「Replace」にチェックを入れてから設定すると割り当てていたキー設定が上書きされる。
      5. 「戻る」を選択
      6. 「Homeボタン」のキー設定を削除(右の「X」を押す)
      7. 「一時停止」を選択し、何らかのキーを割り当てる
      8. 他、気になる機能があればキーの割り当てを行う
  • 画面にタッチ用のコントローラを表示する
    • 画面にタッチ用のコントローラを表示する – チェック
    • ボタンの透明度 – 「40%」。お好みで。
    • 指定した秒数後に自動でボタンを隠す – 「1s」。お好みで。
    • ボタンのスタイル – 「薄い枠線」を選択。お好みで。

ネットワーク

  • その他
    • ポートオフセット – 「0」にする。他PSPと通信をする場合に重要となる。

ツール

  • ツール
    • セーブデータを管理する – セーブデータやシステムデータの整理が行える。

システム

  • ユーザーインターフェース
    • 言語 – 表示言語を変更出来る。
      1. 「ゲームの設定」を選択
      2. 「システム」を選択
      3. 「言語」を選択
      4. 変更したい言語を選択
    • UI操作音 – チェックするとピロピロと音が鳴る。お好みで。
    • UIの背景アニメーション – 「アニメーションなし」を選択。お好みで。
  • 全般
    • システムネイティブキーボードを使用する – チェック
    • ISO全体をキャッシュする – チェック
  • チート
    • チートを有効にする – チェック
  • PSPの設定
    • PSPのモデル – 「PSP-2000/3000」を選択。
    • 決定ボタン – 「○ボタンで決定する(日本仕様)」を選択。
      PPSSPPのUI上での決定ボタンのことであり、ゲーム中の決定ボタン設定ではない。

遊び方

  1. メニュー「ファイル」→「ロード」を選択 または 「参照」を選択
  2. 「ロード」を選択
  3. 「ファイルを開く」ダイアログボックスが表示されるので、romファイル(isoファイル)をダブルクリックまたは選択して「開く」
  4. 遊ぶ

その他

PSPエミュレータ「PPSSPP」のフォントを修正する